今シーズン最強寒波の影響で県内は山地や南部の沿岸部を中心に積雪

今シーズン最強寒波の影響で県内は山地や南部の沿岸部を中心に積雪

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2023/01/25
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

今シーズン最強寒波の影響で県内は25日朝にかけて山地や南部の沿岸部を中心に

雪が積もったほか、気温は平年を大きく下回り記録的な寒さとなったところもありました。26日にかけても厳しい冷え込みとなる見込みで水道管や路面の凍結に注意してください。

今シーズン最強寒波の影響で24日から25日朝にかけて山地や県南部の沿岸部を中心に断続的に雪が降った県内。

天草市牛深で13センチ、水俣市で3センチの積雪を観測しました。

【熊本竜太リポート】

「10センチを超える積雪を観測した天草市牛深町の中心部です。

歩道に積もった雪もまだ硬い状態で踏みしめると結構な深さがある場所もあります」

【住民インタビュー】

「(雪に)なれてないですね」

【住民(子ども)】

「びっくりした」「雪合戦しようかと」

天草市牛深町では雪だるまを作ったり、雪合戦をして遊ぶ子供たちの姿が見られました。

一方、こちらは熊本市南区城南町の隈庄小学校です。

グラウンドに積もった雪に子供たちは大興奮、元気に遊び回っていました。

【児童】

「(朝から外を見て)やばい!と思った。楽しすぎて寒さとか関係なしに遊んだ」

厳しい冷え込みとなった25日の県内、極寒の朝を迎えました。

【高橋 凛リポート】

「熊本市中央区です。午前9時を回ったところですが手元の温度計はマイナス2度を

さしています」

県内すべての観測地点で最低気温が氷点下となり、上益城郡甲佐町で氷点下9度、天草市牛深で氷点下3.4度と観測史上最も低くなりました。

【阿蘇・大津カメラマン】

「阿蘇市の役犬原です。昨夜からの冷え込みで草についた湧き水のしぶきが独特な形をして凍っています」

氷点下8.6度を観測した阿蘇市では自然が作り出す氷の芸術が見られました。

県内は日中も気温があまり上がらず、阿蘇地方では最高気温が氷点下の「真冬日」となりました。

県内では大雪の恐れはなくなりましたが26日にかけて平年に比べてかなり気温が低く、厳しい冷え込みとなる見込みで低温による水道管の凍結に注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加