高橋恭平との“お姫様抱っこ”に畑芽育「だいぶ手こずっていた」

高橋恭平との“お姫様抱っこ”に畑芽育「だいぶ手こずっていた」

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2023/01/25

高橋恭平さん(なにわ男子)が主演を務める映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」の完成披露試写会が、1月25日に行われ、高橋さん、畑芽育さん、板垣李光人さん、莉子さん、曽田陵介さん、中島瑠菜さん、鈴木美羽さん、新城毅彦監督が登壇しました。

この作品は、亜南くじらさんによる同名コミックが原作。モテモテなのに周囲には塩対応な千輝くん(高橋)と、人生初の告白に玉砕した高校2年生の失恋女子・真綾(畑)との“片想いごっこ”青春ラブストーリー。

画像ギャラリー【全23枚】を見る

No image

左から)鈴木美羽、、曽田陵介、板垣李光人、高橋恭平、畑芽育、莉子、中島瑠菜、新城毅彦監督

板垣李光人が高橋恭平 の恋のライバル役に「“きゅんきゅん映画”に出たかった」

高橋恭平 自身のブレザー姿に「最強と最強」

本作が、映画単独初主演となる高橋さん。

本作の見どころの一つとなる“片想いごっこ”について、「片想いごっこは、片想いのふりをして、相手と一緒にいるときは、楽しんでもらう。2つ守らなければいけない条件がありまして、『絶対に好きになってはいけない』というのと、『2人だけの秘密にする』というものですね」と説明。

千輝くんを演じた感想を、「見た目がクールに見られがちなところは、共感したり、『一緒だな』と感じます。でも、千輝が胸キュンな要素を、ポンポン入れてくるキャラなので、『胸キュンさせる』という感覚よりも『胸キュンさせちゃったわ』というような意識で演じていました」と語りました。

司会者から、「それは高等テクニックですね」と返されると、「それを意識して、頑張っていました。難しかったですが、なんとか自然な感じで、ラフにやってみました」と振り返りました。

画像ギャラリー【全23枚】を見る

No image

「普段はクールな感じ」と明かした高橋さんに対して、共演の板垣さんと曽田さんは苦笑い。

曽田さんは、「(高橋さんは)たまに胸キュンワードを名言っぽく言っていますね」と告白すると、高橋さんは「言ってないです!」と否定しました。

続けて、「胸キュンワードは言ってないですけど、名言風な言葉を言うのが、好きなんですよ。例えば…『1より100が好き』みたいな。『下を見るなら上を見ろ』みたいな。あるようでないような言葉を、考えるのが好きなんです」と答えました。

画像ギャラリー【全23枚】を見る

No image

ヒロインを演じた畑さんは、本作の胸キュンシーンについて、「予告にもあるんですけど、千輝くんが真綾に近寄って、『片想いごっこ』と語る、高橋さんの美しいお顔。すごく印象に残る部分だと思います」とコメント。

画像ギャラリー【全23枚】を見る

No image

高橋さんは、「甘いシーンは…役柄として、ブレザーの制服を着ていたんです。僕がブレザーの制服を着ることによって、最強と最強ですよね」と恥ずかしながら語りました。

具体的なシーンについては、「行動としては、お姫様抱っこ。そういったシーンは、胸キュンシーンですかね。プライベートやお仕事をしていて、(なにわ男子の)メンバーの道枝駿佑とかを、遊びでお姫様抱っこすることはあるんですけど…」と明かしました。

お姫様抱っこをされた、畑さんは「お姫様抱っこをされる機会なんてないので、私も緊張したんですけど、高橋さんはだいぶ手こずっていたかと思います」と語ると、高橋さんは「やっぱり、大事に大事にと言いますか…。僕はだいぶガリガリな体型なので。そっと、大きい卵を落とさないようにと言いますか…。本当に丁寧に、お姫様抱っこをしました」と説明。

新城監督が、「(お姫様抱っこのシーンは)『恭平、細いのに(持ち上げるの)一発で行けるんだ』っと思いました。そんなに苦労している感じじゃなかったですよ。本人も自分がイケメンだってわかってますから」と話すと、高橋さんも「本当にあのシーンはかっこいいと思いました」と笑いました。

作品概要

あらすじ

人生初の告白に見事に玉砕した高校2年生の失恋女子・真綾(畑芽育)。親友の小原知花(莉子)に慰められるも、落ち込んでいるところを陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝くん(高橋恭平)に見られてしまう。

モテモテなのに周囲には塩対応な千輝くんが、なぜか真綾に提案したのは、なんと“片想いごっこ”!
「好きな人、無理に探すくらいなら、俺に片想いすれば?」。

片想いごっこの条件は、絶対に好きにならないことと、まわりにバレないこと。好きになってはいけない約束なのに、自分にだけ優しくて甘すぎる千輝くんに、真綾の気持ちは次第に揺れ動いていく…。

そんな中、真綾に密かに想いを寄せるクラスメイトの手塚(板垣李光人)に、秘密の関係を知られてしまい…。

千輝、真綾の片想いごっこの行方は―?!

映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」は、3月3日(金)より、全国公開。
©2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 ©亜南くじら/講談社
配給:松竹

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加