「小木校長杯」優勝は肉体戦士ギガ!おぎやはぎ小木が決める「ギガちゃん、いいじゃん」

「小木校長杯」優勝は肉体戦士ギガ!おぎやはぎ小木が決める「ギガちゃん、いいじゃん」

  • お笑いナタリー
  • 更新日:2020/09/17

昨日9月16日、東京・本多劇場で「ハイスクール人力舎~秋の学園祭ライブ~」が行われ、「ハイスクール人力舎」校長・おぎやはぎ小木をはじめ、オアシズドランクドラゴンラバーガールらプロダクション人力舎の所属芸人が多数出演した。

No image

「ハイスクール人力舎~秋の学園祭ライブ~」の「JINRIKI賞レース『小木校長杯』」で優勝した肉体戦士ギガ(左から2人目)と、おぎやはぎ小木(左)、オアシズ(右)。

すべての画像を見る(全25件)

「ハイスクール人力舎~秋の学園祭ライブ~」は人力舎の芸人がほぼ総出演する、ネタあり、コーナーありの3日間。初日となる9月16日のライブでは、鬼ヶ島本田兄妹、じぐざぐ、おとぎばなしトンツカタン、なかよし、さきぽん、タッカーノ、かわえなつき、肉体戦士ギガ、奈良原と、上記MC陣の中からドランクドラゴン、ラバーガールがネタを披露した。

No image

彼ら13組がこのライブで挑んだのは「JINRIKI賞レース『小木校長杯』」。小木が独断と偏見で優勝を決めるという賞レース企画だ。すべてのネタを終えたエンディングで小木は「面白い、面白くないは関係ないね?」と優勝の要件をオアシズに確認したほか、効果音のドラムロールを経た緊張感のあるタイミングで「優勝者は……該当者なし!」と断言するボケを挟みながら、最終的にピン芸人・肉体戦士ギガの優勝を発表した。

No image

肉体戦士ギガを「ギガちゃん」とフワちゃんのようなイントネーションで呼ぶ小木によると、優勝理由は「ギガちゃん、いいじゃん。小木校長杯っぽい。人力舎っぽくないし印象に残った」とのこと。また「正直ラバーガールと迷った」とも告白する。ライブの途中、小木とオアシズから「清潔感がない」「髪がなんか嫌な色」などと口々にダメ出しされていた肉体戦士ギガだったが、優勝コメントを求められて「ギガの勝ちだ!」と叫んで喜びを爆発させた。肉体戦士ギガには小木から賞状が授与されている。

No image

小木は初期の腎細胞がんによる入院で8月中旬に一時休養し、今月頭に仕事復帰したばかり。とはいえ登場する予定ではなかったというオープニングにマイクも持たずに現れて地声で話し続けるなど、終始すこぶる元気そうな様子を見せた。先日受けた手術について「怖いのなんの」「自分の傷口に引いてる」と笑いを交えて話し、「みんなに検査を受けてほしい」とも呼びかけた小木。ドランクやオアシズとの思い出話や後輩たちとのトークでこの夜の本多劇場を笑いに包んだ。

「ハイスクール人力舎~秋の学園祭ライブ~」は9月17日と9月18日も出演者を変えて開催される。東京03や岡野陽一が出演する17日には「コントの人力舎を取り戻せ!」と題した企画が、アンタッチャブル、北陽・虻川、ゆってぃがMCを務める18日にはアンタと人力舎芸人による「くじ引き即興漫才」がそれぞれ展開される予定だ。当日券や配信チケットなどの詳細はオフィシャルサイトで確認を。

お笑いナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加