阪神の7回の攻撃に田尾氏「梅野をもう少し信じて欲しいなと」

阪神の7回の攻撃に田尾氏「梅野をもう少し信じて欲しいなと」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/09/15
No image

阪神・梅野隆太郎

○ 巨人 6 - 3 阪神 ●
<14回戦・東京ドーム>

15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた田尾安志氏が、阪神の7回の攻撃について言及した。

3-2の6回に逆転を許した直後の7回の攻撃、阪神は先頭の小幡竜平が内野安打、続く近本光司の四球で一、二塁のチャンスを作る。2番・梅野隆太郎はバントの構えを見せ、1球目ボールを選ぶと、1ボールからの2球目、バスターに切り替えるも空振り。スタートを切っていた二塁走者・小幡はタッチアウトとなった。

田尾氏は「ボール気味の球を振りにいきましたから。これは無茶しましたね。(エンドランに)びっくりしました。梅野をもう少し信じて欲しいなと思いますよね。普通に打たせてよかったかなと」と振り返った。

一死二塁となり、梅野は二ゴロ、糸原健斗が遊ゴロで得点することができなかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加