宇宙空間FPS『BOUNDARY』実験的レイトレーシング機能を披露するベンチマーク映像を公開

宇宙空間FPS『BOUNDARY』実験的レイトレーシング機能を披露するベンチマーク映像を公開

  • Game Spark
  • 更新日:2020/09/15
No image

宇宙空間FPS『BOUNDARY』実験的レイトレーシング機能を披露するベンチマーク映像を公開

中国のデベロッパーSurgicalScalpelsは、同社が開発中の宇宙空間FPS『BOUNDARY』から派生した研究プロジェクト「Boundary: Raytracing Benchmark」のベンチマーク映像を公開しました。

映像では、最新のレイトレーシングとその最適化技術で、物理的に正確なライティングが施される『BOUNDARY』の美しい世界を確認できます。またフルオート射撃時に銃器のバレルがしなるなど、細かいディテールまで作り込まれたアニメーションも堪能できます。『BOUNDARY』本編に同様のレイトレーシング機能が実装されるかどうかは、明らかにされていません。

『BOUNDARY』は、重武装宇宙服「EMU suit」に身を包み、無重力・低重力空間で3次元のPvPを繰り広げるマルチプレイヤーFPS。武器のカスタマイズやクラス制、グラップリングフックなどの特殊装備が特徴です。ストアページ上の記載によれば、日本語インターフェイス・字幕に対応予定とのことです。

『BOUNDARY』は2020年内にPC(Steam)/海外PS4向けに発売予定。海外メディアIGNは本作の6分間に及ぶゲームプレイ映像を公開しています。

S. Eto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加