舞台は熱血アニメ業界!「ハケンアニメ!」吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子で実写映画化

舞台は熱血アニメ業界!「ハケンアニメ!」吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子で実写映画化

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2021/11/25
No image

吉野耕平監督作 『ハケンアニメ!』が2022年の5月に公開決定! [c] 2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

直木賞作家の辻村深月の小説を映画化した『ハケンアニメ!』が2022年の5月に公開されることが決定。吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子が出演する同作より、ディザービジュアルと特報およびキャスト、監督、原作者のコメントが到着した。

【写真を見る】主人公であるアニメの力を信じる新人監督の斎藤瞳を吉岡里帆が熱演!

本作は、アニメ業界で闘う者たちを描いた熱血エンタテインメント。主人公である、アニメの持つ力を信じる新人監督の斎藤瞳を吉岡、もう後がない崖っぷちの天才監督の王子千晴を中村倫也、瞳を振り回す敏腕プロデューサーの行城理を柄本佑、王子の才能に人生を懸ける名プロデューサーの有科香屋子を尾野真千子が演じ、2組のアニメ監督×プロデューサーコンビが覇権をかけて火花を散らす姿を描く。監督は中村主演作『水曜日が消えた』(20)で長編映画デビューを果たした吉野耕平が務める。

テレビアニメの年間制作本数300本以上、マーケットは2兆円を超えるともいわれるアニメ業界。今や世界中が注目する日本のアニメ業界だが、その制作現場では、最も成功したアニメの称号=「覇権(ハケン)」を取るため、日夜熾烈な闘いが繰り広げられている。そんな世界に飛び込んだ瞳は、監督デビュー作で憧れのスター監督である王子と争うことに。

また、老舗アニメ制作会社の東映アニメーションが監修を行い、劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』『運命戦線リデルライト』の制作には「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.Gをはじめ、日本を代表するアニメプロダクションが参加した。なおこのアニメ2本はすでにYouTubeに予告編がアップされ、ネット上では“謎のアニメーション”と話題となり、1週間で累計10万を超える視聴数を記録している。

特報は、高らかなファンファーレとともに「アニメは魔法を超える力を与えることができる」と訴える瞳の真剣な表情からスタート。瞳、王子、行城、香屋子の奮闘と活気あふれる製作現場の様子が次々と映しだされる。そして舞台上で勝利宣言する瞳とそれをクールに受け止める王子の不敵な態度に興味が掻き立てられる。あわせて解禁されたティザービジュアルでは、瞳×行城コンビは「覇権を掴め。」、王子×香屋子コンビには「己を超えろ。」のキャッチコピーが掲げられ、背後にはそれぞれの手掛ける作品のメインキャラクターがあしらわれている。

吉岡は「アニメ作品を作る人々の想いに触れた時きっと今までにない感動が届くと撮影をしながら毎日思っていました」とコメント。中村は「台本を読みながら何度も『ある、ある。』と、この職業独特の〝クリエイター熱〟に頷いてしまいました」、柄本は「アニメ業界を生きる骨太な人間ドラマが時に軽妙に、時に深刻に描かれます!」、尾野は「希望、夢、憧れ、進むべき道、そんなキラキラした物語の中にいました」とそれぞれに作品を振り返った。また吉野監督は「もともと自分が映画化したかった原作企画を、逆に監督オファーを頂くという幸運に恵まれた作品でした」、辻村は「私の描いた王子が、香屋子が、瞳が、行城がここにいる。彼らの作るアニメがここにある。劇場で彼らの軌跡を目撃できるのが、今から楽しみでなりません」と、映画化の喜びを語った。

アニメ業界で働く者たちの熱い想いを描く『ハケンアニメ!』。果たして覇権を取るのは誰なのか?ハイクオリティな劇中アニメも相まって、期待感が高まる!

<キャスト・スタッフ コメント>

●吉岡里帆(斎藤瞳役)

「公務員出身の新人アニメ監督、斎藤瞳を演じさせて頂きました。1本のアニメが生まれるまでの軌跡と、アニメーター達の死闘を描く今作。日本の宝とも言えるアニメーション作品ですが、その裏では想像の何倍も何十倍も地道な作業が繰り返されています。アニメーター達の底知れない才能が日夜コンテとなり原画となり動画へと昇華されていく…。素晴らしいアニメを見た時、抑え切れない感動を覚えるのと同じようにそんなアニメ作品を作る人々の想いに触れた時きっと今までにない感動が届くと撮影をしながら毎日思っていました。どうぞ『ハケンアニメ!』をよろしくお願い致します!」

●中村倫也(王子千晴役)

「王子千晴役、中村倫也です。台本を読みながら何度も『ある、ある。』と、この職業独特の〝クリエイター熱〟に頷いてしまいました。覇道に足を踏み込みながらも、悩み多き、王子という人間を演じることができて幸せです。きっと多くの人が、魂を削りながら仕事への情熱を注ぐ彼らを見て、日々を生きるエネルギーを受け取っていただけると思います。監督・吉野耕平の世界を乞うご期待!!」

●柄本佑(行城理役)

「行城はクセが強めなのですが同時に人間臭くもあるヤツだと思い現場に臨みました。吉野監督は線が細く声が小さく、挙動不審なところがありますがその見た目からは想像できないほど頑固で芯の通った男らしさがありました。アニメ業界を生きる骨太な人間ドラマが時に軽妙に、時に深刻に描かれます!是非楽しみにしていて下さい!」

●尾野真千子(有科香屋子役)

「希望、夢、憧れ、進むべき道、そんなキラキラした物語の中にいました。久しぶりに恋なんかしたりして。妖精のような吉野監督とのやりとり楽しかったです!どんな風に繋がっていくのか楽しみです!」

●吉野耕平(監督)

「本作は、もともと自分が映画化したかった原作企画を、逆に監督オファーを頂くという幸運に恵まれた作品でした。ちょうど自分自身が長編第一作目を撮った直後の、新人監督としての記憶も生々しいこの時期に、同じ新人監督の物語を描けたことの幸運と、さらに、素晴らしいキャスト・スタッフと共にその作品に挑めたことの幸運を、今は噛み締めています。様々な映像ジャンルを横断した、この作品ならではの共演をぜひお楽しみいただければと思います。願わくばこの作品が、スクリーンの向こうの誰かの幸運な出会いにつながりますように。幼い頃からずっと憧れてきたアニメの世界と、この作品を通じて関わることができたのは、本当に一生の幸運でした」

●辻村深月(原作)

「『ハケンアニメ!』は私の小説の中では最も映像化が難しいタイトルだと思っていました。理由は、作中に登場する二本のアニメ。『その期の覇権をとる』と言われるようなクオリティーのアニメを現実に映像内に再現してもらうのはまず無理だろうと諦めていました。だけど──今回、素晴らしいスタッフとキャストの皆さんの力を借りて実現しました。私の描いた王子が、香屋子が、瞳が、行城がここにいる。彼らの作るアニメがここにある。劇場で彼らの軌跡を目撃できるのが、今から楽しみでなりません」

文/足立美由紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加