京都府 京阪宇治駅にシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入 京都府初の電動キックボードのシェアリング開始

京都府 京阪宇治駅にシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入 京都府初の電動キックボードのシェアリング開始

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2021/10/14

電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開するLuupは、京阪電気鉄道が運営する京阪宇治駅(京都府宇治市)に「LUUP」のポートを導入し、京都府で初めて電動キックボードのシェアリングサービスを開始することを発表した。

No image

2021年10月15日14時より「LUUP」のアプリ内に京都府エリアが追加される形となるという。

同サービスは京阪宇治駅のポート・5台からの展開となり、12月5日までの土日祝日限定で、宇治市内にて利用可能とのことだ。

Luupは、「街じゅうを「駅前」化するインフラをつくる」をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを展開している。

電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指しているとのことだ。

京阪電鉄では、今回の電動キックボードのシェアリングサービスの導入を通して、京阪宇治駅を起点に快適に移動できる範囲を広げ、宇治の魅力を更に高めていきたいと考えているという。

同実証実験を通して、宇治市内における短距離移動ニーズを検証することに加え、電動キックボードの安全で便利な社会実装に向けたルールづくりの検討と、そのためのデータ収集を継続していくとしている。

サービス詳細

内容
電動キックボードのシェアリングサービス

利用可能エリア
京都府宇治市全域
※一部、電動キックボードに乗って走行できないエリアがあるという。アプリの「手押しゾーン」にて記載。
※サービス対応エリア外を跨いでの利用は不可

利用料金
110円/初乗り10分、16.5円/分(税込)※実証実験特別価格

ポート数
1ポート ※安全性の段階的な検証のために、まずは京阪宇治駅のポートにて電動キックボードが利用可能となる。

電動キックボード利用可能ポート
京阪宇治駅 駐輪センター付近(京都府宇治市宇治乙方18-5)

電動キックボードの台数
5台

電動キックボードの最高速度
15km/hに制限

利用条件
アプリから①運転免許証登録と②走行ルールの確認テストの満点合格が電動キックボードの利用条件となる。

保険
対物賠償、対人賠償、自身の怪我が保険の対象。

備考
車両の走行が著しく多い道路については、安全性を鑑み自主的に走行禁止道路としているという。走行禁止道路はアプリ上のマップで表示し、利用者に迂回を促すとのことだ。また、スケジュールは変更になる可能性があるとしている。

同社は、同実証実験を通して、電動キックボードの安全な社会実装に向けたルールづくりの検討のためのデータ収集を継続するとのことだ。

The post京都府 京阪宇治駅にシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入 京都府初の電動キックボードのシェアリング開始first appeared onAMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア.

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加