不戦勝から再試合でサヨナラ負け 境のエース高塚は涙なし「負けてしまったけど楽しかった」

不戦勝から再試合でサヨナラ負け 境のエース高塚は涙なし「負けてしまったけど楽しかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/23

◇第103回全国高校野球選手権鳥取大会2回戦 境2-3米子松蔭(2021年7月21日 どらドラパーク米子)

No image

<米子松蔭・境>サヨナラ打を浴び、厳しい表情の境・高塚(撮影・後藤 大輝)

境のエース左腕の高塚大輔は、8回まで5安打無失点も9回に暗転したが、「後で(米子)松蔭が出てたら…と言われるのは嫌だった。負けてしまったけど楽しかった」と涙はなかった。

主将の井上翔太も「不戦勝は驚きもあり、残念だという思いもあった。不戦勝が取り消されたときは、自分たちも成果が出せるということで、やってやるぞという気持ちになりました。自分たちに置き換えたとき、境高の誰かが(コロナに)なったらこうなるんだと思ったら」と相手の気持ちを考え、試合を承諾したことを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加