ソフトバンクが“天敵”塩見を初回4得点でKO 6連打、4連続タイムリー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/16

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム)

5連勝中でパ・リーグ首位を快走するソフトバンクが初回に早くも“天敵”を攻略。一気の6連打、4者連続タイムリーで4点を先制した。

1死から2番・川島が左前打を放って口火を切ると続く3番・柳田もレフトへ運んで1死、一二塁。ここで4番・グラシアルが三遊間をゴロで抜く左前適時打を放ちまず1点を先制した。

そして5番栗原、6番中村晃、7番松田宣がいずれの場面も二塁走者を還すタイムリーを放つ猛攻で、一挙4点を奪った。

今季のソフトバンクは塩見と過去に2度対戦して2度とも敗れており、1得点しか奪えていなかった。

なお、塩見は松田宣にタイムリーを打たれた直後、伊藤投手コーチがトレーナーを伴いマウンドに駆け寄った。治療のためにベンチ裏へ下がり、アクシデントがあった模様。結局そのまま2番手・酒居へ交代となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加