ゴムは下げ止まりから値固めへ サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

ゴムは下げ止まりから値固めへ サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

  • FISCO
  • 更新日:2020/09/16
No image

株式会社フィスコ

皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、ゴムについてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、ゴムについて、『自動車のタイヤが主要な需要を占めるため、自動車販売がこれから回復するかどうかにかかっているだろう』との見解を述べています。

日本と欧米英の2020年4~6月期の実質GDPは、『大きく落ち込んだ』とのことで、一方、4~6月期の中国のGDPは『対前年比でプラスとなった』と説明しています。

続けて、『日本の財務省が8月28日に発表した7月の貿易統計によれば、日本の輸出は前年同月比19.2%減、輸入は22.3%減だった。ただ、最大の貿易相手国である中国への輸出は、前年同月比で8.2%増となっている。なお、対米輸出は対前年比19.5%減』と解説。

陳さんは『日本の輸出が対前年で増えているのは、主要国のうちでは中国だけ』と指摘しています。

7月の対中自動車輸出については、『対前年比19%増と、中国の自動車市場の回復を反映したものとなった』と言及しています。

『中国汽車工業協会によると、7月の新車販売台数は前年同月比16.4%増。5月以降、3カ月連続で同10%超の増加が続いている』、『中国汽車工業協会が集計した8月の国内自動車販売台数は5カ月連続の増加となった』と説明し、『電気自動車(EV)などの新エネルギー車(NEV)も2カ月連続で増加した』と伝えています。

中国の新型コロナウイルスの感染拡大については、『抑えられ、国内需要が回復しているということが示された』として、こうした背景から、ゴム相場について『自動車販売の回復に連れて需要も盛り返すと見るほうが妥当だろう』と考察しています。

大阪ゴムRSS相場は、『期近主導で上昇し、8月31日には期先が205.5円と今年1月20日以来の高値水準に達した』とのこと。『過熱感から9月に入ってからは上海市場の上昇が弱かった事、人民元が上昇した事、上海株が軟調だった事などが影響して下落に転じ、177円台と180円を割り込む急騰前の水準に戻った』と伝えています。

テクニカル的には『170円台に200日移動平均線があるため、この水準はサポートされそうだ』と分析。

最後に、今後のゴム相場について、『当面の間、ゴムは175~185円のレンジで値固めとなりそうだ』と示唆しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の9月11日付「【中国需要の回復を背景にゴムは下げ止まりから値固めへ】」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜

FISCO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加