エメリ監督がレアル戦を振り返る「ゴールは我々を油断させた」

エメリ監督がレアル戦を振り返る「ゴールは我々を油断させた」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/22
No image

ビジャレアルの監督エメリ

ウナイ・エメリ監督率いるビジャレアルは、エスタディオ・デ・ラ・セラミカでレアル・マドリーに引き分けた。監督ジネディーヌ・ジダンは、この試合でセルヒオ・ラモス、フェデリコ・バルベルデ、カリム・ベンゼマを欠いていた。

エメリ監督はその後、「彼らにはフルメンバーが揃っていると思って試合に臨んだ。レアル・マドリーは変更を加えることができ、出場した選手たちはチャンピオンズリーグでの勝利に慣れている選手たちだ。我々の準備は同じだったし、結果は違ったものになるとは思わない」と語っていた。

レアル・マドリーはマリアーノ・ディアスが得点のきっかけを作ったが、ビジャレアル側はオフサイドを要求していた。「彼らのゴールは、ラインマンを含めて、私たち全員が油断していた。(このゴールで)当初の計画が台無しになったので、20分間はペースを握れなかった。でも、だんだんと良くなってきて、相手のボックスに近づくことができた」

「我々は相手の時間帯を乗り切った。前半はヘディングシュートが何本かあったが、それ以外はほとんどなかった。後半は、ゴールに向けて4回明確なチャンスがあった。リーグチャンピオンとの引き分けに満足することもできるが、90分間に起こったことを考えると、ゲームは我々のやり方で進んでいたかもしれないと感じている。だからと言って、我々のやりたいことから外れたり、離れたりするわけではない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加