「サビ残と早出の強要」「上司のパワハラが酷い」会社をやめようと思う瞬間

「サビ残と早出の強要」「上司のパワハラが酷い」会社をやめようと思う瞬間

  • キャリコネニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

画像はイメージ

働いていると、会社を辞めたくなる瞬間もある。キャリコネニュースには「この会社を辞めよう」と思ったことがある読者から、さまざまな体験談が寄せられている。(文:コティマム)

キャリコネニュースでは「『この会社やめよう』と思った瞬間」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HZU4I2D3

面接時と条件が違う!「『残業代はちゃんと付きます』と言われていた」

兵庫県の40代女性(医療・福祉・介護/年収500万円)は、会社を辞めたくなる瞬間について「広告に偽りありの時です」と語る。

「面接などで細かく質問していたにもかかわらず、入社後一週間ほどしてから変更を言い渡される。サービス残業とか早出の強要とかです。面接時はそんな事はありません。『残業代はちゃんと付きます』など言われていたのですがね」

求人情報に記載されていた内容と労働条件が違った、というのはよくある話だが、面接で確認したことがすぐに変更されてしまうのなら、一体何を信じればいいのだろう。

千葉県の30代男性(サービス・販売/年収400万円)は、「非常に言動のきつい上司がおり、恫喝に近い言動でのパワハラが酷い」と明かす。

「会社に相談したがまともな対応は無く、直接現場に『パワハラの事実はありますか?』と問い合わせる始末。そのため、自身を含むスタッフが萎縮してしまい、ミスが増えそのミスを許さずに……という悪循環が生まれてしまっている」

上司によるパワハラと、それを改善しない会社。働き続けるのは難しいかもしれない。

コティマム

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加