阪神井上、プロ初お立ち台に「まさか1年目で...」

阪神井上、プロ初お立ち台に「まさか1年目で...」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

ヒーローインタビューを受ける井上(代表撮影)

<阪神5-0ヤクルト>◇16日◇甲子園

阪神ドラフト2位井上広大内野手が8回に代打で登場し、中越え適時二塁打。甲子園1軍デビューの打席でプロ初安打、初打点をマーク。試合後は西勇、梅野とともにお立ち台に立った。

-甲子園のファンに自己紹介を

井上 ドラフト2位の井上広大です。

-お立ち台からの眺めは

井上 まさか1年目で、自分がこの舞台に立てるとは思っていなかったので、1軍に上げてもらってから、全然結果が出なかったので、この1本をきっかけに、前を向いて、スタートラインと思って頑張っていきたい。

-どんな気持ちで打席に

井上 ひとつ(年が)上の小幡さんが安打で出てくれたので、何としてもつなごうという思いでした。

-打った球、感触は

井上 打ったのはチェンジアップ系の球だった。感触としてはよかったので、走って(二塁)ベースに着いた時に、ボールがかえってきているのがわかったので、その時点で喜びがあふれてきました。

-改めて初安打の気持ち

井上 何としても食らいついて、次の打者につなごうという気持ちで打席に立っていたので、安打も出て打点にもつながって、これからもっともっと安打も多く、打点も多く取れるような選手になれるようになりたいと思います。

-矢野監督からは声を

井上 ナイスヒットと言われたので、これからももっと多く打って、チームに貢献できるように頑張りたいなと思います。

-この初安打は誰にまず伝えたいですか

井上 お母さんです。

-こんな打者になる。決意を

井上 阪神タイガースを日本一に導けるように頑張るので、温かく応援よろしくお願い致します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加