オリックスが「FA不人気球団」から脱却? 今オフにFAで大物選手を獲得の可能性も

オリックスが「FA不人気球団」から脱却? 今オフにFAで大物選手を獲得の可能性も

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/09/23
No image

西武の森友哉

ソフトバンクと熾烈な優勝争いを演じているオリックス。2001年からの20年間で最下位が9回、18シーズンがBクラスと「冬の時代」を迎えていたが、変革の時期を迎えている。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは昨季は中嶋聡監督の下で、前年度の最下位からリーグ優勝を達成。山本由伸、宮城大弥のダブルエースを筆頭に山岡泰輔、田嶋大樹、山崎福也と能力の高い先発陣がそろい、大型右腕の山崎颯一郎、セットアッパーの本田仁海、ドラ1右腕・椋木連、育成枠から支配下昇格した最速157キロ右腕・宇田川優希と将来が有望な若手が多い。野手に目を移すと、吉田正尚、杉本裕太郎、宗佑磨、紅林弘太郎、今季復活した中川圭太のレギュラー陣に加え、捕手は若月健矢、伏見寅威、頓宮裕真がハイレベルなレギュラー争いを繰り広げている。

チームが強くなると、周りの見方も変わってくる。スポーツ紙の遊軍記者は、「オリックスでプレーしたいという他球団の選手が増えていると話題になっています。FA権を今季取得したある選手もオリックスに好印象を抱いていると聞きました。アットホームなチームカラーに加え、巨人や阪神のように活躍しなかった時にメディアに過剰に叩かれることもない。今季はリーグ連覇を狙える位置につけている。黄金時代を築くために球団がFA市場に参戦する可能性は十分にあります」と指摘する。

かつてのオリックスは、FAの不人気球団だった。18年オフに当時西武の浅村栄斗(現楽天)がFA権を行使した際、ソフトバンク、楽天との争奪戦で獲得に参戦したが、交渉の席に着く前に断りの連絡が来た。「門前払い」は異例の状況で、大阪出身の浅村の獲得を熱望していた球団関係者のショックは大きかった。一方で16年オフに糸井嘉男、18年オフに西勇輝が共に同じ関西球団の阪神にFA移籍。戦力ダウンを余儀なくされた。

だが、決して資金力で他球団に劣るわけではない。14年オフに阪神との争奪戦の末、米国でプレーしていた中島宏之の獲得に成功。DeNAを退団した長距離砲のトニ・ブランコ、日本ハムをFAした小谷野栄一、広島の主戦投手だったブライアン・バリントンら他球団の主力も次々に獲得するド派手な大型補強を敢行した。残念ながらその後も低迷期から脱却できなかったが、球団の本気度は伝わってきた。

「一昔前は巨人が断トツの人気球団でしたが、FAで移籍した選手が活躍できていないケースが多い。結果を出さないとすぐにレギュラーから外されるので、他球団の主力選手も巨人に興味を示さないケースが増えています。FAの争奪戦でオリックスが参入した場合は十分に獲得のチャンスがあるでしょう」(スポーツ紙デスク)

オリックスが今オフにFA戦線で乗り出す可能性が高いのは、チーム事情にも起因する。伏見が今年6月に国内FA権を取得し、吉田正、若月、山崎福も順調にいけば来季中にFA権を取得する。吉田はメジャー球団の評価が高いことから、流出に備えて強打者の獲得に動いても不思議ではない。

FA戦線で獲得に乗り出す有力候補が西武・森友哉だ。大阪出身で小学生の時はオリックスのジュニアチームに在籍していた縁がある。若月、伏見と能力の高い2人の捕手がいるが、リーグ屈指のミート能力を誇る森は大きなプラスアルファが期待できる。27歳と若いのも大きな魅力だ。広島の西川龍馬もクリーンアップ、チャンスメーク役の1、2番を任せられる巧打者で他球団の人気が高い。オリックスの外野陣は杉本、福田周平、中川圭太が基本的な布陣で吉田は指名打者に回ることが多い。杉本、福田は打撃不振でファーム降格を経験するなど、決して盤石ではない。西川がFA権を行使した際は、獲得に動く可能性が考えられる。

その他にも左の救援陣は層が薄いため、阪神・岩崎優、岩貞祐太は補強ポイントに合致する。オリックスはFA戦線でも主役になるか。その動向が注目される。(梅宮昌宗)

梅宮昌宗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加