女子サッカー英国・ホワイト2発で快勝発進 24日の日本戦へ弾み

女子サッカー英国・ホワイト2発で快勝発進 24日の日本戦へ弾み

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/24

◇東京五輪 女子サッカー1次リーグE組 イギリス2―0チリ(2021年7月21日 札幌ド)

No image

<英国・チリ>後半、自身2点目のゴールを決める英国・ホワイト(撮影・西海健太郎)

英国が初戦を快勝で飾った。FWホワイトが前半18分に先制点を挙げ、後半28分にも追加点。殊勲のエースは「開幕戦で貢献できてとてもうれしい。チーム全体を誇りに思う」と笑顔を見せた。24日に控える日本との第2戦に弾みをつけたが、リーセ監督は「日本は連係が優れている。難しい試合になる」と気持ちを引き締めた。

《両国選手が人種差別に抗議》英国―チリ戦で両国選手が試合開始前に片膝をつき、人種差別への抗議の意を示した。今大会は政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じる五輪憲章第50条の規制が一部緩和。事前に実施の意向を表明していた英国の選手がキックオフ前に片膝をつくと、チリの選手も続いた。両チームの間で試合前の打ち合わせはなく、チリのアラヤは「英国の選手がやっていたのでやろうと思った」と語り、英国のホートン主将は「結束の強さや連帯感を示せた」と訴えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加