VALORANTやLoLの開発元「Riot Games」からゲームやチート対策ツールのソースコードが盗み出される、攻撃者は13億円を要求するも支払い拒否の姿勢

VALORANTやLoLの開発元「Riot Games」からゲームやチート対策ツールのソースコードが盗み出される、攻撃者は13億円を要求するも支払い拒否の姿勢

  • GIGAZINE
  • 更新日:2023/01/25

As promised, we wanted to update you on the status of last week’s cyber attack. Over the weekend, our analysis confirmed source code for League, TFT, and a legacy anticheat platform were exfiltrated by the attackers.
1/7 https://t.co/IogE05HaD1
— Riot Games (@riotgames)
January 24, 2023
from Twitter

攻撃者がRiot Gamesに送りつけた身代金要求メールの内容は「私たちはチート対策ツールのソースコードや『リーグ・オブ・レジェンド』のソースコードおよび関連ツール、ユーザーモードチート対策ツール『Packman』を入手しました。私たちは、これらの成果物の重要性と、『VALORANT』や『リーグ・オブ・レジェンド』といった有名タイトルに与える影響を理解しています。これらを踏まえて、私たちは1000万ドルというささやかな支払いを要求しています」というもの。
上記の要求に対して、Riot Gamesは「言うまでもなく、私たちは支払いません」と述べ、要求に従わない姿勢を明確にしています。また、Riot Gamesは攻撃の影響で開発環境の混乱や将来的な問題が発生する可能性を認めつつ、ユーザーの個人情報が侵害されていないことを改めて強調しています。

Today, we received a ransom email. Needless to say, we won’t pay.
While this attack disrupted our build environment and could cause issues in the future, most importantly we remain confident that no player data or player personal information was compromised.
2/7
— Riot Games (@riotgames)
January 24, 2023
from Twitter

サイバー攻撃を受けた後、Riot Gamesは社内のセキュリティチームと外部コンサルタントによる攻撃の影響調査およびシステム監査を進めているとのこと。また、攻撃の切っ掛けとなったセキュリティ上の欠陥も修正が進んでおり、各種ゲームのパッチ更新頻度はこれまで通り維持できると述べています。

We’ve made a lot of progress since last week and we believe we’ll have things repaired later in the week, which will allow us to remain on our regular patch cadence going forward. The League and TFT teams will update you soon on what this means for each game.
7/7
— Riot Games (@riotgames)
January 24, 2023
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加