フット後藤 「僕にないものを山ほど持っている」お笑いのイロハを教えてくれた先輩芸人とは...

フット後藤 「僕にないものを山ほど持っている」お笑いのイロハを教えてくれた先輩芸人とは...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/23

お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(48)が22日放送のABEMA「デマ投稿を許さない」(水曜後11・30)にゲスト出演。お世話になった先輩芸人の名前を明かした。

No image

フットボールアワーの後藤輝基

お世話になった先輩芸人に、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一の名前をあげた後藤は、「この世界に入って、お笑い芸人としての卵になって…。卵の殻がパリパリ割れて、1番最初に動いているものを親って言うじゃないですか?それが河本準一」と説明。その上で「ほんまに世話になりました。最初の(お笑いの)イロハを教えてくれたのは河本さんです。いろんな人に引き合わせてくれましたし、それこそ遊び方も…。我々の時代は無茶苦茶でした」と思い返した。

また河本について「人間的に僕にないものを山ほど持っているから」と話す後藤。河本は人に対して距離感を詰めるのが上手だといい、「一時期、河本準一になりたいとすら思ったくらい」と本音を口にしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加