井端氏が「ここぞという場面で打つ」と話した直後に燕・山田が3ラン!

井端氏が「ここぞという場面で打つ」と話した直後に燕・山田が3ラン!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト・山田哲人

【日本シリーズ第5戦】
● ヤクルト 5 - 6 オリックス ○
<11月25日 東京ドーム>

ヤクルトの山田哲人が、今シリーズ第1号となる3ランを放った。

2-5の8回、連続四球で無死一、二塁で山田に打席が回ってくる。25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第5戦 ヤクルト-オリックス』で解説を務めた井端弘和氏は「ジャパンにいたときは、ここぞという場面で打ちましたからね。こういうときにスイングがさらに早くなるイメージですね」とコメント。

山田が2ボール1ストライクからヒギンスのストレートを見送ると、井端氏が「ストレートを1球も投げていなかったですけど、ストレートの速さを見れたというのは…」と話している最中に、レフトスタンド最上段に飛び込む値千金の同点3ランを放った。

この一発に井端氏は「すごいですね。すごいしかない。侍ジャパンでやってきたときの山田哲人選手ですよ。スイングが本当に違うので、ビックリましたよね」と興奮気味に話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加