「eドラフト会議」開催、巨人球団職員への重複指名にファンざわつく

「eドラフト会議」開催、巨人球団職員への重複指名にファンざわつく

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する、eスポーツの大会「eBASEBALL プロリーグ」2020年シーズンの「eドラフト会議」が17日に行われ、12球団を代表するプロプレーヤー48人が決定した。

No image

17日に開催された「eドラフト会議」

eドラフト会議では、全国から約8600人が参加したプロテストを通過した40人ら、計47人の候補者の中から、セ、パ12球団が26人を指名。昨年から継続契約となった22人を加えて各球団4人の所属選手が決まった。

ドラフト3巡目では、最多となる5球団が重複指名。阪神が脇直希選手を獲得した。脇選手は「5球団が競合するような評価を球団からしていただけたのは、とてもうれしかったです」とコメント。また、巨人の球団職員でもある坂東秀憲選手には3巡目で巨人とDeNAが重複指名。配信を視聴しているファンをざわつかせたが、見事に巨人が指名権を獲得した。

会議の模様はネット配信され、元ヤクルト監督で「eBASEBALLプロリーグ応援監督」の真中満氏らが解説を務めた。

開催3年目を迎える2020年シーズンは12月5日にセ・リーグ、同6日にパ・リーグが開幕する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加