松本伊代、背骨の圧迫骨折で自宅療養を報告

松本伊代、背骨の圧迫骨折で自宅療養を報告

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

歌手の松本伊代(56)が22日、自身のインスタグラムを更新し、背骨を圧迫骨折したため自宅療養していることを明かした。

「皆様にご報告があります」と切り出し、「3週間程前に、お恥ずかしい話なのですが、運動中に無理な体勢をして、背骨を圧迫骨折してしまいました」と報告した。症状については「痛みがあり、とにかく安静にしているほかないようで、入院はせず自宅で療養しております」という。「主治医の先生からは、骨が固まるまでは安静にとお話がありました。部位が背骨と言うことなので無理せず焦らず治して行こうと思います」とつづった。

移動を伴う仕事をしばらく休むことになったため、「番組関係の皆様には、大変なご迷惑をおかけしてしまい、申し訳なく思っております。ご報告が遅れた事、大変申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉も。今後については、「もう少しかかりますが、また元気な姿で皆さまの前に出られるよう、がんばります。家族やスタッフの皆さんのサポートにも感謝です」と前向きにつづった。

※写真は資料

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加