ソフトボール・日本2発 内藤が東京五輪第1号2ラン!藤田も2ラン 上野を援護

ソフトボール・日本2発 内藤が東京五輪第1号2ラン!藤田も2ラン 上野を援護

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/22
No image

3回、内藤実穂が勝ち越しの2ランを放つ(撮影・堀内翔)

「東京五輪・ソフトボール・1次リーグ、日本-オーストラリア」(21日、福島県営あづま球場)

日本の3番打者、内藤実穂一塁手が今五輪第1号本塁打を放った。1-1の同点で迎えた3回裏2死2塁で左中間のフェンスの向こうへ勝ち越しの2ラン。北京五輪の優勝投手で13年ぶりに五輪で先発登板した日本の上野由岐子投手を援護した。

また、四回にはDPとして出場している藤田倭が左越えに1号2ランを放ち、2点を追加した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加