放置された3本足の犬を保護。無気力からよみがえった生きる力!

放置された3本足の犬を保護。無気力からよみがえった生きる力!

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/05/04
No image

気力・体力を回復して

発見・保護

ギリシャではまだ、犬をつないだまま放置ぎみに飼っている人が多いようです(日本も…?)

これに大反対のタキス・シェルター代表は、偶然発見したのか、通報があったのか、そのような状態にあるこの子を自分が運営するシェルターに保護することにしました。

理由は不明ですが、後足の1本が途中から切断されていて、ありません。3本足です。高齢で、やせ衰えています。

かわいらしい顔立ちですが、片方の目は白内障で見えていないかもしれません。

No image

出典:https://www.youtube.com

ケア

まずは病院に連れてきました。犬は診察台で大人しくしています。

脱水や栄養失調に加え、体じゅうノミとダニだらけ。ダニを介して感染し、様々な症状を引き起こすエーリキア症(エールリヒア症)という感染症にもかかっていました。

そのため、気力も体力もなく大人しいのかもしれません。食べ物さえ口にしないのです。病院に数日滞在し、点滴で栄養補給することになりました。

No image

出典:https://www.youtube.com

その後、シェルターに移ってきましたが、まだ力なくうずくまったまま。

No image

出典:https://www.youtube.com

それでも数日が過ぎると、少しずつ、少しずつ生きる力がよみがえってきた様子。食べ物を受け付けるようになりました。

エーリキア症の治療には1カ月を見ています。

No image

出典:https://www.youtube.com

3本足の「ダニエル」。治療のかいあって、とても元気そう。タキスさんが朝のあいさつに訪れると、シッポを振っておなかを見せて歓迎します!

この喜びようったら!

No image

出典:https://www.youtube.com

その後

ダニエル(ダニー)の喜びが高まって、ついにベッドから3本の足で立ち上がります!仲間の犬たちに合流し、たどたどしい足取りですが、一歩一歩、前進します。

医師にも、当面はこのままで十分健康体だとお墨付きをもらいました!

ゆくゆくは義足など、何か足のサポートをできたらいいなと考えているそうですが、コロナ禍が収束するまでは、とりあえず今の状態をキープです。とっても幸せそうなダニーです!

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

虹の橋に逝く前にかつてお世話になった人の元へ現れた犬のお話

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
ひろこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加