ツアー客50人、河川に一時取り残される 水位の急増で 滋賀・東近江

ツアー客50人、河川に一時取り残される 水位の急増で 滋賀・東近江

  • 京都新聞
  • 更新日:2022/08/06
No image

滋賀県警東近江署

6日午後0時35分ごろ、滋賀県東近江市杠葉尾町の神崎川で、ツアー会社から「沢登りのツアー客が増水で取り残されている」と110番があった。東近江署によると、別々のツアーの2グループ計50人が川岸で足止めされ、約4時間後に全員救助された。

また、通報の5分後には、約2キロ下流の同市黄和田町の愛知川でも、キャンプ場の客から「川の岩に人が取り残されている」と通報があった。兵庫県から家族でキャンプに来ていた会社員男性(45)と子ども2人が約2時間後に救助された。

救助された全員にけがはなかった。現場は山間部で、同署によると、当時、川の水が急に増えたという。

ツアーに同行した男性スタッフは「予想していなかった雨が降り、安全な場所で待機してもらった」と話し、もう一方のツアーを企画した会社の社長は「急に増水して危険を感じた。天候データの分析について精度を高めたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加