佐々岡監督、大瀬良の投球「おっと思った」一問一答

佐々岡監督、大瀬良の投球「おっと思った」一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

ウオーミングアップ中、言葉を交わす広島床田(右)と佐々岡監督(撮影・前田充)

広島は22日、予定通りに連日実戦を消化できていることから、軽めの練習で打ち上げた。

シート打撃には20日に合流した大瀬良大地投手(29)が登板し、打者9人に1安打無四球3三振の好結果を示した。

佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下の通り。

-シート打撃に大瀬良投手が登板

佐々岡監督 順調にきていると思う。1、2球目みておっと思ったくらい。逆に順調すぎて反動が怖い。

-次回は28日日本ハム戦か

佐々岡監督 その予定。対外試合になると違った体の張りがある。そこを見て、いろんな判断をしていく。

-前日21日に緊急降板した床田投手が別メニュー

佐々岡監督 今は報告を受けていないが、ひどくはないとは思う。ただ明日以降、練習をやった中で判断していく。

-練習が半ドン

佐々岡監督 しっかり練習して疲れが出てきている。その代わり、また明日試合があり、休み明けからの2日で紅白と、実戦2つ。そのために体を休める機会もあっていいかなと。ミスはありながら、元気は(ある)。若い選手が、主力もベンチで声を出していましたし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加