14日の朝にかけ大雨の恐れ 土砂災害警戒【静岡】

14日の朝にかけ大雨の恐れ 土砂災害警戒【静岡】

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2022/05/13
No image

静岡県内では、13日 夜から14日の朝にかけ、雷を伴った激しい雨が降る見込み。気象台は、土砂災害や河川の増水や氾濫などに注意を呼びかけている。

静岡県内では、13日 夜から14日の朝にかけ、雷を伴った激しい雨が降る見込み。気象台は、土砂災害や河川の増水や氾濫などに注意を呼びかけている。

県内では、12日から雨が降りはじめ、13日 朝も、広い範囲で断続的に雨が降った。

(日吉 勇人 記者)

「こちらはJR伊東駅前です。徐々にですが、雨脚が強くなってきています。」

12日の降りはじめから13日 午後4時までに牧之原市の静岡空港で109.5ミリ、伊豆市天城山で105ミリの雨を観測した。

気象台によると、前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、県内では、13日 夜から14日の朝にかけて、局地的に1時間に40ミリの雷を伴った激しい雨が降る見込み。

14日の午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、中部・西部・東部で100ミリ、伊豆で150ミリとなっている。

気象台では今後、雨による土砂災害や、低い土地の浸水、河川の増水、また、落雷や突風などに警戒するよう呼びかけている。

(中継・松浦 気象予報士 解説)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加