阪神ドラ1佐藤輝 守備もすごい!逆シングルで好捕、挟殺プレーで華麗に舞った

阪神ドラ1佐藤輝 守備もすごい!逆シングルで好捕、挟殺プレーで華麗に舞った

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

6回、高橋周の強い打球を軽快にさばく佐藤輝

「練習試合、中日9-4阪神」(20日、Agreスタジアム北谷)

打つだけじゃない!阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21)=近大=が20日、練習試合・中日戦(北谷)に「3番・三塁」でフル出場。軽快なグラブさばきで4度の打球処理を無難にこなすなど、安定した守備力を披露した。打撃でも先制適時打を放ち、実戦6試合連続安打。黄金ルーキーの躍進が止まらない。

軽快な身のこなし、柔らかいグラブさばき。三塁を託された佐藤輝が目の前の打球を難なく処理し、守備でも首脳陣を安心させた。

素早く反応した。まずは六回1死。「三塁線の打球とかも逆シングルで捕った方が、次も投げやすい」と高橋周の三塁線を襲った打球を逆シングルで好捕。慌てることなくステップを踏み、一塁に送球してアウトにした。

軽快な守備は続く。七回、先頭・滝野が放った三塁への打球はベースに当たりそうだったが、その前に低い姿勢で捕球し、安定したスローイングを披露した。

八回無死一、三塁では華麗なプレーを披露。三本間に挟んだ走者をタッチすると、体を素早くひねり三塁へ送球した。間一髪のタイミングで判定はセーフとなったが、高い身体能力を見せつけた。

打撃だけでなく、三塁の守備でも期待に応えたルーキー。矢野監督は「球際、難しい打球もあったけどね。反応自体良かった。打つ、飛ばすというのが魅力だけど、それだけじゃやっぱりもったいない。チームから信頼されるという部分でも、打つだけじゃなくてね」と評価した。

チームのニーズに応えるために慣れない外野だけでなく、三塁の守備も特訓中だ。練習では川相臨時コーチからグラブの出し方や足の運び方などについて指導を受ける。「(プロは)強い打球が多くなる感じなので、しっかり準備していきたい」と磨きをかけていく考えだ。

もちろん、バットでもアピールも欠かさない。初回1死二塁。いきなりチャンスで打席へ。左腕・松葉がフルカウントから投じた8球目、真ん中寄りの直球を中前に運ぶ先制打。これで6試合連続安打とした。

試合を重ねるごとに評価を高めていく黄金ルーキー。現状、三塁のポジションは大山が既定路線だが、試合途中に大山が一塁に回り、佐藤輝が三塁を守るという新たなオプションを使える可能性が広がった。攻守両面で大型新人が成長し続けていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加