TOTOジャパンクラシック、国内ツアー単独開催 海外選手の来日困難を考慮

TOTOジャパンクラシック、国内ツアー単独開催 海外選手の来日困難を考慮

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/16

女子ゴルフの「TOTOジャパンクラシック」を主催するTOTO株式会社、株式会社毎日放送、スポーツニッポン新聞社などは15日、同大会を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)特別公認大会として11月6~8日の3日間、茨城・太平洋C美野里Cで実施すると発表した。無観客で行われる。

No image

2019年のTOTOジャパンクラシックを制した鈴木愛

従来は国内唯一の全米女子プロゴルフ協会公式戦で、日本女子ツアーも兼ねていたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の入国制限により、米ツアーメンバーの来日が困難となっていることなどを考慮。今年に限り、JLPGAツアー単独で開催することを決めた。

出場選手枠は78人。10月15~18日まで行われる富士通レディース終了時点での賞金ランキング上位35人に加え、同12日時点のロレックスランキング上位43人に出場資格が与えられる。賞金総額は1億6000万円。優勝賞金は2400万円となっている。

大会会長を務めるTOTO株式会社の清田徳明代表取締役社長執行役員は「スポーツを見る楽しさをコロナ禍の世の中にぜひとも届けたい、またその姿を見せてくれる選手や大会の運営に携わる皆さんを応援したいという思いから、本年に限り日本国内大会としての開催を決定しました」とコメントした。

▼JLPGA小林浩美会長 より多くのJLPGAツアー選手に対して、仕事の機会と日頃鍛錬した成果を発揮できる場を頂き、感謝の念に堪えません。賞金ランキング上位選手による白熱した戦いをご期待ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加