石川対決は6回0封のヤクルト“雅規”に軍配!交流戦通算26勝目でトップタイに

石川対決は6回0封のヤクルト“雅規”に軍配!交流戦通算26勝目でトップタイに

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/06/11
No image

ヤクルト・石川雅規

◆ ソフトバンク“柊太”は8回1失点も敗戦投手に

PayPayドームで行われたソフトバンクとヤクルトの一戦は、村上宗隆の19号ソロでヤクルトが1−0で勝利。ソフトバンク・石川柊太とヤクルト・石川雅規の“石川対決”は、6回無失点の石川雅規が今季2勝目を挙げ、交流戦の通算勝利数もトップタイの「26」とした。

石川雅規は初回、先頭の川島慶三にヒットを許すも、続く今宮健太を併殺に仕留め、最後は二死一塁から柳田悠岐を二ゴロに打ち取った。すると直後の2回表、先頭の村上が連日の19号ソロを右翼席に突き刺して石川雅規を援護。先制点をもらった石川雅規は毎回のように走者を出しながらも要所を締めると、勝利投手の権利がかかった5回を3者凡退で終えた。

直後の6回表、ヤクルトは一死満塁の好機を無得点で終え嫌な雰囲気のまま6回裏へ。ソフトバンクは2番から始まる好打順だったが、この回を石川雅規が3者連続三振に抑え、6回を96球、無四球無失点という内容でお役御免となった。7回以降は大西広樹、梅野雄吾、清水昇、マクガフの継投で1点のリードを守り抜き、石川雅規が連勝。ソフトバンクの和田毅、杉内俊哉(巨人)に並ぶ交流戦26勝目を挙げた。

一方、ソフトバンクの石川柊太は8回を投げ抜いて村上のソロによる1点のみに抑える好投を見せたが、援護なく今季5敗目を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加