「駅で恋人を待ってたら『ちょっと、トイレ来てもろてええ?』。見知らぬ2人のおばちゃんに手を引かれ...」(岐阜県・40代女性)

「駅で恋人を待ってたら『ちょっと、トイレ来てもろてええ?』。見知らぬ2人のおばちゃんに手を引かれ...」(岐阜県・40代女性)

  • Jタウンネット
  • 更新日:2022/11/25

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Hさん(岐阜県・40代女性)

その日、Hさんは当時交際していた恋人と初めてのデートに行くことになっていた。

バイト代で購入した浴衣セットを着て、駅で待ち合わせ。一足先についた彼女がソワソワしながら待っていると、突然「お嬢ちゃん、ちょっとええか?」と声をかけられたという。

No image

浴衣を着て駅で待っていると......(画像はイメージ)

<Hさんの体験談>

京都で学生をしていた時の出来事です。その日は、当時付き合っていた彼氏と大阪・高槻で行われる「高槻まつり」に行く約束をしていました。

初めての彼氏と初めてのデートに浮かれていた私は、バイト代で浴衣セットを購入。自己流で着るのは難しく、寮母さんに手伝ってもらって着付けをしました。

トイレの隅で手早く浴衣をほどいて...

そして、電車を乗り継ぎ待ち合わせの約束をした高槻駅に到着。私の方が一足早く着いたようで、ソワソワと待っていると、「お嬢ちゃん、ちょっとええか?」と声をかけられました。

振り返るとそこには「ザ! 大阪のおばちゃん」という感じの2人の女性の姿が。

「ちょっと、トイレ来てもろてええ?」と手を引かれ、私が困って「すみません! もうすぐ彼と待ち合わせしてるんです」と返すと、2人はこう言いました。

「浴衣の帯グラングランやで? ちょっとでええさかい」

No image

トイレで着付け直してくれた(画像はイメージ)

その後はトイレの隅で、浴衣をすごく手早くほどいてピシッと直してくれました。

着付けの間、2人は漫才みたいな掛け合いをしたり、「ベッピンさんやなー」とお世辞でも嬉しいことを言ってくれたり。言葉に優しさが溢れていて、涙目になりながらお礼を言って別れました。

直してもらった浴衣は沢山歩いても着崩れすることなく、お祭りを楽しめました。

あれから20年経ち、違う方と結婚し、違う土地で過ごし、学生時代の思い出もあやふやになりつつありますが、人のおばちゃんのことは何度も思い出します。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加