ニースがスコット・パーカー招へいを画策? ポチェッティーノ招へい困難で代替案に

ニースがスコット・パーカー招へいを画策? ポチェッティーノ招へい困難で代替案に

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/22
No image

ニースがスコット・パーカー氏(41)の新監督招へいに動いているようだ。

【動画】フランスの新星、アミーヌ・グイリ

今夏、クリストフ・ガルティエ監督がパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれたニースは、過去に実績を残したルシアン・ファブレ監督を後任として招へい。

今夏の移籍市場では、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど積極補強を敢行した。

ただ、一部ではその補強はスイス人指揮官が求めたものではなく、クラブ主導で行われ、多くの取引が移籍市場終盤に完了したこともあり、戦術面の浸透に苦戦。チームは今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分け4敗の13位に低迷している。

成績不振に加え、コミュニケーションの問題も抱える両者は、近日中に袂を分かつ可能性が高まっている。

そういった中、ニースは昨季までPSGを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏(50)の招へいに動いたものの、アルゼンチン人指揮官側にチームを率いる意思はなく、交渉は早期の段階で破談に終わった模様だ。

フランス『フット・メルカート』によると、これを受けてクラブは先日にボーンマスを解任されたパーカー氏を後任候補としてリストアップしているという。

同メディアによると、過去にクリスタル・パレスやカーディフでスポーツディレクターを務め、ニースのクラブアドバイザーを務めるイアン・ムーディ氏が、パーカー氏をクラブに推薦しているようだ。

現役時代にチャールトンや、チェルシー、ニューカッスル、ウェストハム、トッテナムでプレーしたパーカー氏は、引退後、トッテナムU-18の監督として指導者キャリアをスタート。

その後、フルアムでアシスタントコーチになると、2019年2月に監督就任。2021年7月にはボーンマスの監督に就任していた。

チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスを率いると、チームは見事に1年での昇格を掴み、今シーズンからプレミアリーグに復帰していた。だが、格上相手の序盤戦で大敗を重ねると、先月末に解任の憂き目を味わっていた。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加