バイエルン退団濃厚なアラバにリヴァプールとPSGが興味...争奪戦は必至か

バイエルン退団濃厚なアラバにリヴァプールとPSGが興味...争奪戦は必至か

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

バイエルンに所属するアラバ [写真]=Getty Images

バイエルンに所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバは、やはり今シーズン限りでの退団が濃厚と見られているようだ。20日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

今シーズン限りでバイエルンとの契約を満了するアラバは、兼ねてからの報道にあるように退団する可能性が高まっているという。新たな契約の締結を望むバイエルンとしてはここ数週間、同選手と協議する席を設けているというが、交渉は難航しているようだ。

また、以前「もしブンデスリーガを離れることになったら、リーガ・エスパニョーラへの移籍を望む」と発言していたアラバに対しては、レアル・マドリードが興味を示しているとされる。しかし今回の報道によると、リヴァプールとパリ・サンジェルマン(PSG)も同選手の獲得を狙うとされ、争奪戦となることが予想されている。

これまで数々のタイトルを獲得してきたアラバは現在28歳。果たして今後どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加