韓国代表もアジア最終予選進出が確定。日本代表、シリア代表に続く

韓国代表もアジア最終予選進出が確定。日本代表、シリア代表に続く

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/06/09
No image

【写真:Getty Images】

FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選の韓国代表対スリランカ代表戦が9日に行われ、韓国が5-0で勝利を収めた。この結果、韓国は2次予選を突破して3次予選(最終予選)へ進むことが決定している。

韓国代表とレバノン代表、トルクメニスタン代表、北朝鮮代表が接戦を繰り広げる展開となっていた2次予選グループH。だが中断されていたグループステージが韓国での集中開催で再開されることが決まったあと、北朝鮮代表は予選を途中棄権することを表明した。

韓国代表は5日に行われたトルクメニスタン代表戦に5-0の快勝を収めて2次予選突破に王手。続いて、ここまで全敗のスリランカ代表と対戦した9日の試合でもFWキム・シンウクの2得点やMFファン・ヒチャンのゴールなどで同じく5-0と快勝した。

この結果、韓国は2次予選1試合を残して突破が確定。数字上は、13日に行われる2位レバノン代表との最終戦に9点差以上で敗れれば2位に転落することになるが、仮にその場合でも2位の成績上位5チームに入って3次予選へ進むことが確定している。

3次予選進出が確定したのは日本代表とシリア代表に続いて3チーム目。今月15日までに行われる2次予選各グループの結果で進出チームが出揃い、組み合わせ抽選は24日に予定されている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加