萩野公介、瀬戸は「ずっと戦ってきた仲間」個人メドレー2冠「1歩1歩前進」

萩野公介、瀬戸は「ずっと戦ってきた仲間」個人メドレー2冠「1歩1歩前進」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/20
No image

男子200メートル個人メドレーで優勝し引き揚げる萩野公介=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

「競泳・日本短水路選手権」(18日、東京辰巳国際水泳場)

男子200メートル個人メドレー決勝は、萩野公介(26)=ブリヂストン=が1分52秒73で優勝し、17日に行われた400メートルとの2冠を達成。タイムは「もうちょっとほしかった」としながらも「1歩1歩前進しているのでよかったと思う」と振り返った。

昨年大会は1分52秒89。縮めたタイムはわずか0秒16だが、精神的には大きな違いがあるという。「去年は自信になると言うより、大丈夫かなという感じ。今年は着実に自分の糧になっている」と話した。

今後はハンガリーで開催される賞金大会の国際リーグ(ISL)へと向かう。ライバル・瀬戸大也は不参加が決まっているが「彼はずっと戦ってきた仲間なので、年明けから一緒にレースをできる事を楽しみにしている」と萩野。「僕はまだまだ彼の足元にも及ばないので。しっかり戦える準備をしたい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加