阪神が四回に3点を追加 近本&糸原のタイムリーでリードを広げる

阪神が四回に3点を追加 近本&糸原のタイムリーでリードを広げる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

4回、糸原は右翼線に2点タイムリー二塁打を放つ(撮影・坂部計介)

「阪神-巨人」(7日、甲子園球場)

阪神が、近本光司外野手、糸原健斗内野手のタイムリーで追加点を奪った。

1点リードの四回。先頭のドラフト1位・佐藤輝(近大)が遊撃への内野安打で出塁すると、続く梅野は右前打でつないだ。1死一、二塁からはドラフト2位左腕・伊藤将(JR東日本)が犠打を決めて2死二、三塁と好機を拡大した。

チャンスで打席に立った近本。畠の初球、149キロ直球を捉えた。鋭い打球は横っ飛びした二塁手・広岡のグラブをはじく適時打。貴重な追加点を奪った。

なおも2死一、三塁。この試合、すでに安打2本で11試合連続安打とするなど絶好調の糸原は、2番手・大江の初球、真ん中136キロ直球に反応した。打球は中前へ。一走・近本がスタートを切っており、そのまま一気に本塁に生還。好投するルーキーを援護しようと、リードを広げる4点目をもぎとった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加