楽天・小深田が400万円アップで2年連続昇給も「成績に納得できない悔しいシーズン」

楽天・小深田が400万円アップで2年連続昇給も「成績に納得できない悔しいシーズン」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/11/26

楽天の小深田大翔内野手(26)が25日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万円増の年俸3700万円でサインした。2年目の今季は自己最多の121試合に出場して打率・248、3本塁打、21打点、5盗塁。打率や盗塁数は1年目を下回り、12失策はリーグ3番目の多さだった。

No image

2年連続昇給の楽天・小深田(球団提供)

「自分的に納得した成績を残せなかったけど、2年連続での規定打席とショートを守ったことを評価してもらった。成績は納得できていないので、悔しいシーズンだった」

今季終盤は同学年の山崎剛に遊撃の定位置を奪われ、小深田は途中出場が増えていった。「後半戦は試合に出られないことが増えたので、もう一度レギュラーとして試合に出たい」。ライバルに負けじと、来季は定位置を奪い返すつもりだ。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加