吉柳咲良が最後のピーター・パン 〝榊原郁恵を超えろ〟と演出家が猛ゲキ

吉柳咲良が最後のピーター・パン 〝榊原郁恵を超えろ〟と演出家が猛ゲキ

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/06/23
No image

熱意を語った吉柳咲良(東スポWeb)

女優の吉柳咲良(18)が23日、都内で、ミュージカル「ピーター・パン」(7月23日から東京国際フォーラムホールC)の製作発表に出席。今年で最後となるピーター・パンへの思いを語った。

13歳からピーター・パン役を演じている吉柳。「自分では最後と感じてはいないけど、どこかで集大成とは思っている。子供でいていいのがこの場所なので、ピーター・パンを楽しみたい」と笑みを見せた。

ピーターパンを演じて5年目。「高校卒業となるし、いいタイミングだなとは思っていた。今年で最後だねと事務所で話していた」という。

一番の思い出は昨年から演出が森慎太郎氏に変わったこと。吉柳は「歌の歌詞もセリフも変わった。今まで作ってきたものは何だったとつらかった」と〝抵抗〟があったことを明かすも「森さんのピーター・パンは破天荒でわがまま。でも、愛おしいし、面白い。セリフを言ってても笑っちゃう」と演じる楽しさを満喫している様子だ。

森氏は榊原郁恵が演じた初代ピーター・パンに大きく影響を受けたそうで、「何かあるたびに『郁恵さんのようにやれ』と言ってきた。今年は『郁恵さんを超えろ』と言いたい」とエールを送った。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加