衆議院が解散 事実上の選挙戦へ(熊本)

衆議院が解散 事実上の選挙戦へ(熊本)

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

全国のニュースでもお伝えしましたが衆議院が14日解散し、10月19日公示、

31日投開票の日程で総選挙が行われることが決まりました。

衆院選に向けて事実上の選挙戦に突入した県内の各政党の反応です。

【大島 衆議院議長】

「衆議院を解散する」

【バンザイ】

岸田内閣は14日午後、衆議院を解散しました。

岸田総理大臣が10月4日に就任してわずか10日後の解散となり、総理大臣就任から解散までの期間は戦後最も短くなりました。

解散を受け自民党県連は‥‥。

【前川 收会長】

「来る時が来たというのが率直な感想。総理大臣が変わった時に、その場面できちんと国民の信を問うことはとても必要なことだと思っています」

また、今回の総選挙について前川会長は「県内4つの選挙区で自民党・前職の全員当選が県連としての目標であり責任」とした上で、「全ての選挙区で相手候補の比例復活も許さない戦いをしたい」と述べました。

一方、野党の立憲民主党県連は…。

【鎌田 聡代表】

「身の引き締まる思いで、この瞬間を受け止めています」鎌田代表は自公政権について「格差や貧困がさらに強くなった」と批判した上で、総選挙に向け対決姿勢を鮮明にしました。

【鎌田 聡代表】

「私たちは一人ひとりの生活、可処分所得を増やしていくということで、まずは分配を進め、個人消費を促して経済を活性化させていくという大きな対立軸の中で戦っていきたい」

また鎌田代表は、県内の野党で候補者のすみ分けを行った今回の衆院選について

「各党と連携して各選挙区で野党共闘を進めていきたい」と話しました。

衆院選は10月19日公示、31日投開票です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加