福岡市で財布窃盗 中に子どもの手紙も ドラレコにまさかの瞬間

福岡市で財布窃盗 中に子どもの手紙も ドラレコにまさかの瞬間

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2022/06/23
No image

福岡市の男性がSNSに協力を呼びかけ、「財布の窃盗にあいました」とツイートしています。ドライブレコーダには、まさかの瞬間が捉えられていました。

福岡市の男性がSNSに協力を呼びかけ、「財布の窃盗にあいました」とツイートしています。ドライブレコーダには、まさかの瞬間が捉えられていました。

画面右側から自転車に乗った男が現れました。かがんで何かを拾ったように見えます。

その後、男性が慌てた様子で自転車を追いかけます。いったい何が起こったのでしょうか?

■被害にあった男性(30代)

「コインパーキングから車を出す時に財布を落としてしまって、拾おうとしたときに自転車の人が拾って、そのまま走り去った。」

■遠野キャスター

「現場はこちらのコインパーキングです。男性はこのあたりに財布を落とし、その財布を自転車に乗った男が拾い、持ち去ったということです。」

同僚と車で出かけていた福岡市の30代の男性が、コインパーキングから車を出すために精算し、後部座席に乗り込みます。

車を発進した直後、財布を落としていることに気づきました。

車から降りて拾うとした瞬間、自転車で通りかかった男が財布を拾い、そのまま逃走したということです。

■被害にあった男性(30代)

「あまりに一瞬だったので、拾ってくれたという認識が強くて、『ありがとうございます』とお礼を言いながら近づこうとした瞬間でした。」

犯行の瞬間、車の中の映像です。

■同僚

「何か落としている。」

■財布の持ち主

「すみません!」

■同僚

「あいつ逃げた。」

■同僚

「え!うそやん!」

■遠野記者

「男性たちは大声で『待て!』と叫びながら自転車に乗った男を追いかけましたが、この角を曲がった先で見失ったということです。」

■被害にあった男性(30代)

「(自転車の男は)立ちこぎでしたね。途中から追いかけだして、スピードを上げた。」

数百メートルにわたって同僚といっしょに自転車の男を追いかけました。

しかし、追跡を諦めざるを得ないアクシデントがありました。

■被害にあった男性(30代)

「同僚がアキレスけんを切ってしまって倒れてしまい、相手の自転車の速度も速くてそのまま見逃してしまった。」

同僚の男性はアキレスけんを断裂し、全治3か月のケガをしました。

■遠野キャスター

「逃走経路の近くにある防犯カメラには、自転車で逃走する男が映っていました。」

黒い上着に帽子をかぶった男が、白っぽい自転車で猛スピードで走っています。

盗まれた財布には、現金約10万円と、お金には代えられない“かけがえのない物”が入っていました。

■被害にあった男性(30代)

「子どもが『お父さん仕事頑張ってね』『いつも頑張ってくれてありがとう』みたいなことを書いてくれた手紙があって、それをお守り代わりというか、日々の励みに持ち歩いていた。お金に代えられない物なので、まだちょっと諦めきれない。」

男性は警察に被害届を提出しました。警察は窃盗事件として調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加