坂戸が浦和学院に6回コールド負け、井出「食らいついていこうと」/埼玉

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22

<高校野球埼玉大会:浦和学院10-0坂戸>◇22日◇5回戦◇大宮公園野球場

初めて16強入りを果たした坂戸は、浦和学院に6回コールドで敗れて姿を消した。宮川浩之監督は「浦和学院さん相手で、簡単にはいかないと思っていた。元々、このステージに上がれるようなチームではなかったし、入学した時は力のある選手たちではなかった。『練習しないと1回も勝てないぞ』と言っていたが、神様は見ていてくれたのかなと思う。1戦1戦、僕もびっくりするくらいにうまくなっていった」と感慨深そうに話した。

4番の片岡大輝投手(3年)が先発。4回途中4失点で降板すると、その後は4投手の継投で強力打線に立ち向かった。

5回2死一塁、井出颯太外野手(3年)が、浦和学院の先発宮城誇南投手(2年)の直球をとらえて中前打を放ち、初めて得点圏へ走者を進めた。2死一、三塁のチャンスから得点は奪えなかったが、井出は宮城から2安打をマーク。2学年上の卒業生に手伝ってもらい、左腕の宮城対策を練習で徹底しており「最初の打席で『似ているな』と思えた。どんな球にも食らいついていこうと思っていた」と明かした。

野球は高校で一区切りつけるつもり。将来の夢は、理学療法士だ。「サポートする側になりたいです」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加