負傷降板のソフトB・千賀 左足首痛め歩行困難 札幌市内の病院受診へ

負傷降板のソフトB・千賀 左足首痛め歩行困難 札幌市内の病院受診へ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ ソフトバンクー日本ハム(2021年4月6日 札幌ドーム)

No image

<日・ソ>6回1死、渡辺の投直を捕球後に倒れた千賀(撮影・高橋茂夫)

6日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季初先発したソフトバンクの千賀滉大投手(28)が左足首を痛めて担架で運ばれた。

6回1死まで無失点の好投を見せていた千賀にアクシデントが襲った。渡辺のピッチャー返しの打球を体をひねりながらキャッチ。だが、直後に千賀は左足首を押さえてマウンドにうずくまり動けなくなった。場内が騒然とする中、千賀は担架で運ばれ、5回2/3無失点の好投を見せていたが無念の降板となった。

球団の広報によると、千賀は左足首に痛みがあり、歩行困難なため、札幌市内で病院を受診する。現在はアイシング、テーピングで圧迫処置しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加