ソフトバンクと日通、物流向けIT新会社が配車支援サービス提供開始

ソフトバンクと日通、物流向けIT新会社が配車支援サービス提供開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

ソフトバンクと日本通運(日通)は10月15日、物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する新会社として4月2日に共同で設立したMeeTruckが、トラック輸送を担う物流事業者向け配車支援サービスの提供を開始したと発表した。

農業関連物流マッチングサービスの事業化に向けた実証実験

ソフトバンクは、物流のサプライチェーン全体の最適化を目指し、これまでにラストワンマイル配送やIoT宅配ボックスに関する実証実験を行っており、日本通運においても、倉庫業務における自動走行フォークリフトや自律協働型ピッキングロボットなどの技術を積極的に導入している。

今回、MeeTruckが第1弾として提供するサービスは、トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービス。同サービスは、受注した運送業務の案件登録やトラックの割り当てや勤務計画表の作成などを、場所や時間にとらわれずウWebアプリケーション上で可能で、デジタルデータとして一元管理ができる。

ソフトバンクが企業のDXを支援する中で得た知見と、日本通運が長年培ったロジスティクスに関する知見を生かして、運用しやすく操作性に優れたサービスを低価格で提供し、業務効率化を支援する。今後は、サービス利用者の要望を基に柔軟かつ継続的にサービス開発・改善を行い、受発注や実績管理などの機能の拡充を予定している。

また第2弾のサービスとして、トラック輸送を担う物流事業者及び荷主企業向けに、両者をつなぐマッチングサービスの提供を2021年度中に予定している。このサービスにより、貨物を探す物流事業者とトラックを探す荷主企業が、それぞれの条件に合う貨物やトラックを見つけられるという。

将来的には、第1弾の配車支援サービスの提供により得た知見やデータを基に、AI(人工知能)などの先端テクノロジーを使用して、サービス利用者のニーズや傾向に応じた、より高品質なマッチングの実現を目指すとのことだ。

山本善之介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加