米国の2020年の平均寿命、1.5年短くなる コロナ影響で

米国の2020年の平均寿命、1.5年短くなる コロナ影響で

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/22

米カリフォルニア州ロサンゼルスで、霊きゅう車に運び入れられるひつぎ(2021年1月14日撮影)。

【AFP=時事】米疾病対策センターは21日、米国の2020年の平均寿命(出生時の平均余命)が77.3歳で、前年と比べて1.5歳短くなったとの統計を発表した。新型コロナウイルス流行が最大の要因で、特に男性と有色人種への影響が最も大きかったとしている。 2019年の平均寿命は78.8歳で、77.3歳は2

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加