タグ・ホイヤーの伝説的モデル「オータヴィア」の語源は? 今年で60周年を迎え、新モデルが登場

タグ・ホイヤーの伝説的モデル「オータヴィア」の語源は? 今年で60周年を迎え、新モデルが登場

  • octane.jp
  • 更新日:2022/01/15
No image

1962年に誕生しジャック・ホイヤー主導により発表された最初の製品であるコレクション”オータヴィア”。この名前は、その当時からタグホイヤーの歴史を支えていたAUTomobile(自動車)とAVIAtion(航空)の頭文字を合わせて名付けられたものだ。当初は、1933年から自動車や航空機のダッシュボードタイマーに使用されていたが、タグ・ホイヤーのウォッチ分野への関心が高まるにつれ、「オータヴィア」の名前はウォッチでも使用されるようになった。そして、本年誕生から60周年を迎える本作。この長く続くコレクションの歴史に敬意を示して、新たに新作3モデルが同コレクションより登場する。それでは以下に3モデルを順番に紹介していこう。

【画像】伝説のコレクション「オータヴィア」に敬意を表したタグ・ホイヤーの新作(写真15点)

本年発売されたモデルは、一目でそれとわかる特徴的なクロノグラフプッシャーと大きなリューズを備えているのが特徴。どちらもタグ・ホイヤーの歴史的なダッシュボードタイマーからインスピレーションを得ているデザインだ。

これらのクロノグラフのうち、シルバーとブラックのモデルは、1960年代に小規模で限定生産された希少なパンダダイヤルへのオマージュでシルバーダイヤルとポリッシュ仕上げのスティールケースを採用する。

No image

タグ・ホイヤー オータヴィア 60周年アニバーサリー フライバック クロノグラフ

キャリバー ホイヤー02 COSC フライバック、約80時間パワーリザーブ、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げのステンレススティール製ケース、100m防水、シルバーダイヤル、ケース径42mm、時間 - 分 - 秒 - 日付、クロノグラフ 、ブラックアリゲーターレザーストラップ

価格:74万8000円(税込)

No image

タグ・ホイヤー オータヴィア 60周年アニバーサリー フライバック クロノグラフ

キャリバー ホイヤー02 COSC フライバック / 約80時間パワーリザーブ、ブラックDLCコーティング、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げのケース、100m防水、ブラックダイヤル、ケース径42mm 、 時間 - 分 - 秒 - 日付、クロノグラフ 、ブラックアリゲーターレザーストラップ

価格:82万5000円(税込)

もう一方は、ブラックダイヤルとDLCコーティングされたケースを採用し、過去のミリタリーモデルとの直接的なつながりを打ち出している。

No image

タグ・ホイヤー オータヴィア 60周年アニバーサリー GMT

キャリバー 7 COSC GMT 、約46時間パワーリザーブ、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げのステンレススティール製ケース、100m防水、ブルーサンレイブラッシュドダイヤル、ケース径42mm 、時間 - 分 - 秒 - 日付、GMT、ステンレススティール製ブレスレット

価格:49万5000円(税込)

また、キャリバー 7はオータヴィアでは初となる新しい3針GMTに対応。鮮やかなブルーサンレイ加工ダイヤルに壮麗なブルー&ブラックのセラミックベゼル、ポリッシュ仕上げのスティールケースを備え、ブレスレットは付け替えが可能となっている。

タグ・ホイヤー

https://www.tagheuer.com/jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加