F1コミッション会合で、悪天候時の対応改善について協議。2022年カレンダー案は金曜に承認へ

F1コミッション会合で、悪天候時の対応改善について協議。2022年カレンダー案は金曜に承認へ

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2021/10/14
No image

10月13日、2021年3回目のF1コミッションの会合が行われ、来シーズンなど、今後に向けたいくつかの問題について協議がなされた。このなかで2022年のカレンダー案も提出された。

FIAは、今回の会合における主な議題について公表した。まず、2022年に向けて、F1史上最多となる23戦から成るカレンダー案が提示され、これが15日に行われる世界モータースポーツ評議会に提出されることが明らかにされた。世界モータースポーツ評議会で承認されればこれが正式なものとなる。

今年初めて導入されたスプリント予選フォーマットは、2022年にも一部グランプリで実施される見込みだ。今回の会合にはイギリスGPとイタリアGPでの2回のスプリント予選について、多数の関係者から寄せられたフィードバックを含むレポートが提出された。このフィードバックは「ポジティブなもの」であったということで、ブラジルGPでの今年最後のスプリント予選の後、改めて評価を行い、来季以降の規制の枠組み等について議論するということだ。

No image

2021年F1第10戦イギリスGP スプリント予選では1位フィニッシュを飾ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

また、悪天候に見舞われて短縮された第12戦ベルギーGP決勝について見直し、今後の対応についての検討がなされ、規則変更の可能性が協議された。ベルギー決勝は、激しい雨のため、長時間にわたりディレイされた後に、セーフティカー先導下で2周走行したのみで成立となり、グリッド順にハーフポイントが与えられ、批判の声が集まった。

FIAは「短縮レースの扱いについて」との項目において「天候の影響を受けた2021年FIAフォーミュラ1ベルギーGPを受けて、コミッションは、競技規則の改訂の可能性について議論した」と記している。「また、スポーツ諮問委員会に対し、この問題について次回会合で検討し、手順や規則変更の選択肢を提案することを要請した」

15日の世界モータースポーツ評議会会合で、改めてさまざまな問題について話し合いがなされ、その後、承認事項が発表される予定だ。

No image

2021年F1第12戦ベルギーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加