【初心者向け】株の選び方を「短期」「中期〜長期」投資別に解説

【初心者向け】株の選び方を「短期」「中期〜長期」投資別に解説

  • LIMO
  • 更新日:2021/10/14
No image

「株に興味があるし、やってみたい!」こんな風に株式に興味を持っている方に向けて、どのように株式を選べばいいのかを紹介しています。

この記事では短期、中期〜長期に分けてそれぞれにあった株の選び方を解説していきます。

株式投資で得られる3つの利益

まずは株式投資で得られる3つの利益を紹介していきます。株式投資で得られる利益は主に3つです。

売却益(値上がり益)

配当金

株主優待

売却益(値上がり益)

株を購入して売却したときに生じる利益を売却益といいます。譲渡益、譲渡所得という場合もあります。

例えば100万円で購入した株が1000万円になり、そこで売却するとします。この取引で得た900万円が利益となり、これが売却益となります。

利益に対しては通常税金がかかりますので、上記の場合だと900万円に対し税金がかかることになります。
申告分離課税で税率は一律20.315%です。

配当金

配当金も株を保有することで得られる利益のひとつです。

本業で得た利益の一部を、株主の出資比率に応じて還元する仕組みです。配当の金額は業績に応じて決定します。

配当金は「権利確定日」までに株式を保有しておけば、株主に対して支払われます。
多くの場合、決算に応じて年2回程度、配当金が支払われますが、

業績が悪ければ「無配」の場合もあります。必ずしも支払われるものではないことを理解しておきましょう。

株主優待

株主優待とは、企業が株主に対して提供するプレゼントのことです。プレゼントの多くは、自社製品やサービスなどです。

株主は投資先からのプレゼントを受けとることで、その企業がいまどのような事業を展開しているのかを知ることができます。また企業にとっては、プレゼントを通じ自社を理解しファンになってもらうことで、投資を継続してもらう狙いもあります。

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

短期投資の株の銘柄の選び方(スイングトレードの場合)

短期投資、スイングトレードの場合の株の選び方を紹介していきます。

スイングトレードとは株を購入してから、数日から数週間、数ヶ月でタイミングを見て売却する投資方法のことです。デイトレードは一日で売り買いを完結させる、極めて短期の売買のことを指すので、スイングトレードのほうがデイトレードより多少保有期間が長い投資方法といえます。

スイングトレードで投資するときは、買い注文から始める場合もありますし、売り注文から始める場合もあります。また資金効率や手間を考えると、信用取引を利用して、より大きな利益を狙う場合もあります。

スイングトレードで注目すべき株は「日々の値動きが大きい株」です。特に今旬の話題、トレンドになっている話題、日々入ってくるホットなニュースに関連した銘柄だと、数日から数週間程度、持続した株式の値動きが期待できます。

そういう意味では、成長株(グロース株)などに絞って投資をしてみるのもよいでしょう。成長株は新興企業など今後成長が見込まれる銘柄です。経常利益の伸び率や、売上高の伸び率が大きい企業に注目して投資すると、株価の上昇にともなって大きくキャピタルゲインを得ることができます。

成長株は企業の成長性が株価に反映されており、PER(株価収益率)が市場平均より高くなる一方、株価自体も実態より高くなる傾向があります。値上がりは期待できますが、銘柄を十分に精査して選定し、投資戦略を練ってから、スタートしましょう。

中期〜長期投資の株の銘柄の選び方

中期から長期の株式投資で狙える主な利益は、株の売却益、配当金、株主優待の3つ。配当金や株主優待はスイングトレードでは得ることができなかった利益です。

それでは、中長期投資において投資に適した株とは、どのような株なのでしょうか。

注目すべき株は主に4つです。

割安株

その企業の利益や資産が、株価が適切に反映されておらず株価が実態より低い状態の株式のこと

成長株

将来の成長が見込める株式のこと。新興企業などが多く、業績が好調で株価が高く評価されている。

高配当株

高配当株とは、配当利回り(1株当たり配当金÷株価)の高い株式を指します。高配当の企業は、一般的に安定した収益基盤があり、株主へ利益を還元する意識が高い。

株主優待株

株主優待のある株式のこと。株主優待を行っていない企業もある。優待をもらうには、権利確定日に株主である必要がある。

中期〜長期で株を保有することは投資の基本です。きちんと銘柄選定をおこなって長期投資をおこなった場合、リスクやリターンが減り、安定して運用益を出すことができます。
世界に名高い著名投資家も長期運用を支持しています。
ただしデイトレードやスイングトレードのような、日々のダイナミックな株価の動きとは、あまり縁がなくなるのは確かです。
自分に合った方法で株式投資を楽しむのがベストです。

まとめ

ここまで、株式投資で得られる3つの利益や短期、中期から長期投資での株の選び方を紹介してきました。短期投資の場合は日々値動きの大きな株(成長株)を選びましょう。

また、中期〜長期投資の場合は割安株、成長株、高配当株、株主優待株を選ぶとよいです。
かもしれませんね。

参考資料

株1「

【株の選び方】銘柄の選び方は?短期・中期〜長期投資別でみる株の選び方

株1編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加