ソフトB・デスパイネ抹消 工藤監督「本調子じゃない」 上林が今季初昇格

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

ソフトバンクは3日、打撃の状態が上がらないアルフレド・デスパイネ外野手(34)の出場選手登録を抹消した。ここまで27試合に出場し、打率・202。本塁打はわずか1本と復調の兆しが見えない助っ人に工藤監督は「本調子じゃないし、もう一度、見つめ直して良くしてもらわないといけない。彼は中心になって打ってもらわないといけないバッター」と説明した。

代わりに上林誠知外野手(25)が今季初昇格となった。ウエスタン・リーグでは23試合で打率・269、2本塁打、12打点。指揮官は「途中の守備からという形になると思うが、チームに貢献という意味では守ることも大事。彼の守りと肩と足は最初から戦力になるというのは分かっている」と期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加