大谷翔平、メジャー自己新13奪三振に「パンチアウトだ!」現地実況も興奮「支配的なパフォーマンス」

大谷翔平、メジャー自己新13奪三振に「パンチアウトだ!」現地実況も興奮「支配的なパフォーマンス」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

◇ア・リーグ エンゼルス5―0ロイヤルズ(2022年6月22日 アナハイム)

No image

<エンゼルス・ロイヤルズ>先発して好投した大谷(AP)

大谷翔平ってどんな人?略歴、トリビアも!

エンゼルスの大谷翔平投手(27)は22日(日本時間23日)、本拠地エンゼルスタジアムでのロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で今季12度目の投打同時出場。8回を投げ自己最多の13三振を奪い、無失点で6勝目を挙げた。

立ち上がりの初回、メリーフィールド、ベニンテンディに連打されて無死一、二塁とされたが、ウィットを高めの直球で空振り三振でメジャー通算300奪三振を達成。7回に自己最多タイの12三振に到達すると、現地実況も興奮。「完全に支配的なパフォーマンス」と大谷を称えた。8回にはついに自己新の13奪三振とし、現地実況は「パンチアウトだ!」と熱狂した。

打っては3回2死の第2打席で遊撃安打を放ち、20日(同21日)のロイヤルズ戦から続く連続試合安打を「3」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加