桑田佳祐、高齢者の仲間入りも「憧れのBlue Note」で3・7無観客配信ライブ

桑田佳祐、高齢者の仲間入りも「憧れのBlue Note」で3・7無観客配信ライブ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/02/21
No image

ジャズクラブ名門「Blue Note」で無観客配信ライブを行うことが決まった桑田佳祐

サザンオールスターズの桑田佳祐が、3月7日に東京・南青山のジャズクラブ「Blue Note Tokyo」で無観客配信ライブ『桑田佳祐「静かな春の戯れ 〜Live in Blue Note Tokyo〜」』を行うことが決定した。ニューヨーク、リオデジャネイロ、ミラノ、ハワイなど、世界各国に展開するジャズクラブの名門「Blue Note」で桑田がライブを行うのは初となる。

【動画】桑田佳祐、悲願のパーフェクト「300」達成の瞬間

昨年はサザンオールスターズとして、6月と大みそかに横浜アリーナから2度の大規模無観客ライブを開催したが、今回はソロでジャズクラブがステージ。ライブは事前に収録され、緊急事態宣言下最後の日となる予定の3月7日に配信する。暦の上では、冬に籠っていた虫たちが動き出す“啓蟄”(今年は3月5日)の時期とあり、「新型コロナウイルスによって閉じ込められていた人々も、今度こそは音楽に誘い出されるようにして身も心も解放されていけば…」との思いがこもったライブとなる。

今週26日に65歳の誕生日を迎える桑田は「私はこの度、憧れのBlue Note Tokyoでライブをやらせていただけることになりました」と報告。「まもなく齢65歳を迎え、『高齢者』の仲間入りをしようとしております。そんな私ですが、世の中がどんな状況だとしても、できることといえば引き続き『音楽を皆様に届けること』これに尽きます。今回は、『ライブハウス』というライブの原点の場所に立ち返り、一緒にいてくれる仲間たちと共に、シンプルかつ『少々大人な感じ』のライブをやらせていただきます」と予告している。

きょう21日午前0時からサザンオールスターズのオフィシャルファンクラブ「サザンオールスターズ応援団」会員限定で、オリジナル特典付きチケットの先行販売がスタート。一般チケットは26日から、各配信メディア(ABEMA、GLOBE CODING、新体感ライブ CONNECT、PIA LIVE STREAM、U-NEXT、LINE LIVE-VIEWING、ローチケ LIVE STREAMING ほか)で販売開始予定。このライブの収益の一部は「Music Cross Aid ライブエンタメ従事者支援基金」を通じて、ライブエンタメ業界に役立てられる。

■桑田佳祐 コメント

皆さん、お元気ですか?
2021年、大変な1年の始まりになってしまいましたが、毎日本当にお疲れ様です。

そんな折ではございますが、私はこの度、憧れのBlue Note Tokyoでライブをやらせていただけることになりました。ありがとうございます。

恥ずかしながら私もまもなく齢65歳を迎え、「高齢者」の仲間入りをしようとしております。そんな私ですが、世の中がどんな状況だとしても、できることといえば引き続き「音楽を皆様に届けること」これに尽きます。
今回は、「ライブハウス」というライブの原点の場所に立ち返り、一緒にいてくれる仲間たちと共に、シンプルかつ「少々大人な感じ」のライブをやらせていただきます。

今はまだ耐え忍ぶ時期が続いておりますが、春の訪れとともに、新しい時代がやってくることを祈りつつ・・・。
このライブが、そんな“静かな春”の戯れとして、皆様のささやかな楽しみの一つになりましたら嬉しい限りです。

それでは、Blue Noteでお待ちしております!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加