ヤクルト、マジックは4のまま 高津監督「大西は粘り足りない」

ヤクルト、マジックは4のまま 高津監督「大西は粘り足りない」

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/09/23
No image

プロ野球・ヤクルト

〇DeNA8―6ヤクルト●(23日・神宮)

王超え5打席連発 村上「ホームランを打つ夢を見た」

ヤクルトは九回に2本塁打で追い上げたが、序盤の大量失点が響き、2位・DeNAとの直接対決に敗れた。優勝へのマジックナンバーは「4」のまま。シーズン55本塁打の村上宗隆選手は3打数無安打1四球。高津臣吾監督の試合後のコメントは次の通り。

――苦しい試合展開だった。

◆(普段は中継ぎを務める)大西(広樹投手)を先発させているので、継投、継投はイメージしていた。初回の3点(だけ)でなんとか次の投手に渡してくれたらと思ったが、そう簡単にはいかなかった。ちょっと粘りが足りなかった、というか、淡泊になってしまったような気がする。

――原樹理投手が2番手で登板した。起用の意図は。

◆誰か長いイニングを投げられる人と思って、昨日の高梨(裕稔投手)ではないが、そのような気持ちで入れていたが、変わらなかった。本来であれば、2人が先発すべきだ。ただ、そこを外されている、リリーフに回っている理由があるわけで。それを本人たちがどう考えているか、ですよね。

――打線について。

◆守りの時間もすごく長かった。(3度、雨で中断し)この天気の中で攻撃するのは難しかっただろうが、それでもスワローズというチームなので、みんなで何とかしていかないといけないなと思っている。

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加