「核兵器保有国や核依存国との対話を」長崎の被爆者 朝長万左男さん 核禁会議でスピーチ

「核兵器保有国や核依存国との対話を」長崎の被爆者 朝長万左男さん 核禁会議でスピーチ

  • NBC長崎放送
  • 更新日:2022/06/23

オーストリアのウィーンで開かれている核兵器禁止条約の締約国会議。2日目の22日は長崎の被爆者で医師の朝長万左男さんがスピーチしました。

核兵器廃絶地球市民集会ナガサキ朝長万左男実行委員長
「私たちの子孫に放射線の影響が及ばないように祈りたい」

No image

2歳で被爆し、被爆者医療に力を尽くしてきた朝長さん。

スピーチの中で、核保有国と、日本をはじめ同盟国の核の傘に入る国々に被爆者は失望していると述べ、核禁条約に参加する国々に対し、核保有国も出席する8月のNPT再検討会議を見据え行動するよう呼びかけました

「来るべきNPT再検討会議の機会をとらえて、核兵器禁止条約の参加国は、核保有国や、私の国日本のような核依存国との対話を開始してください」

No image

締約国会議は23日が最終日で日本時間の夕方最終報告書案が示され、深夜に採択が行われる予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加